• TOP
  • 障害年金の対象となる傷病

障害年金の対象となる傷病

 

障害年金の対象となる傷病については、『「傷病」とは、
疾病又は負傷およびこれに起因する疾病を総称したものをいう。』とされていることから、眼や耳、手足などが不自由といった外部疾患だけでなく、
心臓病、肝臓病、腎臓病、糖尿病、高血圧、呼吸器疾患、癌(ガン)などの内部疾患
精神病などあらゆる傷病が請求の対象になります。
 

主なものは下表のとおりです。

 

障害年金の対象となる主な傷病

 

眼障害

ブドウ膜炎、緑内障、白内障、眼球萎縮、網膜脈絡膜萎縮、網膜色素変性症脳腫瘍など

聴力障害

感音性難聴、突発性難聴、神経性難聴、メニエール病、頭部外傷または音響外傷による内耳障害、薬物中毒による内耳障害など

鼻腔障害

外傷性鼻科疾患

口腔障害

上顎腫瘍、喉頭腫瘍、脳血栓(言語)など

肢体の障害

くも膜下出血、脳梗塞、脳出血、上肢または下肢の離断または切断障害、重症筋無力症、上肢または下肢の外傷性運動障害、脳軟化症、関節リウマチ、変形性股関節症、ビュルガー病、進行性筋ジストロフィー、脊髄損傷、パーキンソン症候群など

精神障害

そううつ症(詳しくはこちら)、
統合失調症、老年及び初老期痴呆、その他の老年性精神病、脳動脈硬化症に伴う精神病、アルコール精神病、頭蓋内感染に伴う精神病、てんかん性精神病、その他詳細不明の精神病など

呼吸器疾患

気管支喘息、慢性気管支炎、肺結核、じん肺、膿胸、肺線維症など

循環器疾患

心筋梗塞、動脈硬化症、狭心症、慢性心包炎、リウマチ性心包炎、慢性虚血性疾患、冠状僧帽弁閉鎖不全症、大動脈弁狭窄症など

腎疾患

ネフローゼ症候群、慢性腎炎、慢性腎不全、慢性糸球体腎炎など

肝疾患

肝炎、肝硬変、肝癌、多発性肝膿瘍など

高血圧

高血圧性心疾、悪性高血圧、高血圧性腎疾患(ただし、脳溢血による運動障害は除きます)

糖尿病

糖尿病、糖尿病性と明示された全ての合併症

その他

白血病、周期性好中球減少症、乳癌、胃癌、子宮頸癌、膀胱腫瘍、直腸腫瘍、直腸癌、直腸狭窄症、難病その他の疾患

※この他にも障害年金の対象となる病状はたくさん存在致します。

ご不明な場合はお気軽にお問い合わせ下さい。

 


その他の「障害年金の基礎知識」をご紹介します。

障害年金とは

障害年金受給のポイント

障害の認定方法

受給要件

必要書類

請求時の注意点

受給までの流れ

障害年金の受給額

障害年金の種類

障害年金の対象となる傷病




お問合せ・ご相談はこちらから

irasuto.png 0120-667-464
無料相談の予約受付中!

Copyright © 2010 F&Partnersグループ All Rights Reserved.