遺族年金請求が却下された場合

遺族年金が却下させる場合は、主に以下の2パターンになります。
●内縁関係
●年収が一時的に850万円を超えている


(1)内縁関係

内縁関係などの場合は、よく「戸籍に入っていないので駄目」と言われるケースが
あります。

ただ遺族年金の受給要件で重要なことは、戸籍に入っているかどうかは関係ありません。

重要なことは、「生計維持関係」であるかどうかなのです。

当事務所では、「生計維持関係」にあったことを立証するためのサポートも行っております。
お気軽にご相談下さい。


(2)年収が一時的に850万円を超えている

年収が一時的に850万円を超えている場合、却下される可能性が高いと言えます。

5年以内に850万円未満になることが証明できれば、専門家が対応する場合に、
もらえるケースもよくあります


ただし、このケースは、年収が850万円未満に下がることを証明するために時間や労力がかかりますので、ご自身で考え込まず、まずお気軽にご相談下さい。


その他の「遺族年金」をご紹介します。

遺族年金とは

遺族年金の年金額

受給するための要件

増額されるケース

遺族年金請求が却下された場合

 



お問合せ・ご相談はこちらから

irasuto.png 0120-667-464
無料相談の予約受付中!

Copyright © 2010 F&Partnersグループ All Rights Reserved.